生産人口の減少が顕著|これから求人を探すならタクシー運転手を考えてみませんか
笑顔の人

これから求人を探すならタクシー運転手を考えてみませんか

生産人口の減少が顕著

メンズ

繁忙期の継続

建設業界は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定して以降、超繁忙期が継続しています。日本経済の回復や震災復興工事の遅れも建設業界の忙しさを増幅しています。建設会社が求人活動を行っても不足人員を埋めることが出来ないため、一部の建設会社では工事の受注に影響が現出しています。技術者の求人に強い人材派遣会社では建設会社の意向を受けて求人活動を強化していますが、ニーズに応えるほど応募者を集められないのが現状です。一定の規模以上の工事現場には公的な資格を持った施工管理責任者の常駐が義務付けられておりますので、資格者の求人は不可欠となっており、募集する給与水準も以前に比べると格段に上昇しています。

OBの採用の実施

建設業界ではバブル崩壊以降の経営破綻の影響で大量の技術者の流出が発生しました。現在他産業で働いている人に対して、待遇面で優位性をもって求人することが重要です。建設業界の高齢化も顕著になっていますが、少なくとも2020年までは定年後の再雇用やすでに退職したOBの活用も重要な選択肢となっています。再雇用においても一定の給与水準を保証することが社外流出を防ぐことに通じます。行政サイドでも近年の施工管理者の不足に対応するために、一定の条件であれば近接する工事現場での兼務を認めることにしています。建設会社でも工事受注に際しては施工場所や発注者が許可条件に合致するかによって兼務で工事を消化することも必要となっています。